ID パスワード ログイン
パスワード紛失
趣味人通販
 
 

HSG-002 ハセガワ 日本海軍 戦艦 長門 昭和十六年 開戦時

商品名 : HSG-002 ハセガワ 日本海軍 戦艦 長門 昭和十六年 開戦時

価格 : 19,000円(税込20,520円)

ショップポイント : 205

数量 :


日本海軍〜戦艦長門

戦艦「長門」は、大正8年(1919年)11月9日進水式が執り行われ、大正9年(1920年)11月25日、八八艦隊計画の一番艦として竣工し、竣工当時、世界最大の41センチ主砲を装備、最大速度は26.7ノット(最終公試時)を記録し、世界最強最速の戦艦でした。

連合艦隊旗艦を長く務め、日本の海軍力を誇示するため広報活動に重用され、「長門と陸奥は日本の誇り」と呼ばれ、戦前から戦中の日本で最も国民に親しまれた戦艦と言われています。

約3万メートルの長大な射程を誇る、41センチ主砲を搭載するため、主砲指揮所、観測所、戦闘艦橋などを高い位置にする必要があり、そのため複雑で独特な形状の艦橋となっています。
中心に大きな柱があり、6本の支柱が支える構造は、櫓檣(ろしょう)と呼ばれ「長門」完成後、欧米列強海軍注目の的となりました。
高い艦橋のために艦橋に指揮官用エレベーターを取り付けた最初の戦艦です。
また櫓檣上部には、日本で初めて基線長10メートルの大型測距儀が装備されました。

※本商品はプラモデル商品です。組立て・塗装はお客様で行っていただきます。
※写真は、組立て・塗装後の完成イメージです。
※塗装には別途・塗料をお買い求め下さい。


■スケール/1/350
■サイズ/全長643×幅110mm
■部品数/847ピース
■付属品
・組立説明
・別冊 実艦解説書(モノクロ16ページ)
・別冊 塗装指示書兼張り線指示書